バリデーション@エヌケイエス株式会社 NKS

NKSバリデーション関連業務のエヌケイエス株式会社

ISO9001に準じた運用システム(QMS)でバリデーション(適格性評価)のサービスを専門にご提供

バリデーションに関する相談窓口
電話でのお問い合わせ
052-522-2184
メール送信フォームからお問い合わせ

医薬品・医療機器製造などの規格が求める
キャリブレーション(校正)の実践的アプローチ~計測機器のキャリブレーション(校正)作業の実際~

【日時】
2024年(令和6年)3月19日(火)
午前の部 10:00~12:30
午後の部 14:00~16:30
【会場】
[大阪府・大阪市] 新大阪ブリックビル(3F/A+B会議室)
          新大阪駅から徒歩3分

ご希望の時間帯(午前の部/午後の部どちらか)でお申込みください。
定員になり次第、受付を終了させていただきます。

キャリブレーション(校正)の実施ポイントをご紹介!
医薬品・医療機器製造やCPC(細胞調製設備)などで使用される計測機器に要求されるキャリブレーション(校正)を、フィールドで実施する立場から具体的な資料を使って実施ポイントをご紹介します。さらにケーススタディを通して理解、実践に繋げます。

このセミナーの対象の方は

などの皆さんです。

皆さんの日頃のキャリブレーション(校正)の疑問や課題の解決方法をご提案!

こんな悩みにフィールドで実務を担当する立場から解決方法をご提案します。

※こんな方のお役に立つことができると思います。

セミナー内容(予定)

第1部 キャリブレーション(校正)の実践的アプローチ

§1キャリブレーション(校正)の必要性

  • 規格面・実務面の例
  • 適切なキャリブレーションのポイント

§2キャリブレーション作業の具体例(準備/復旧を中心に)

  • 温度計
  • 圧力計
  • 流量計
  • 質量計

§3作業にまつわる注意点(まとめ)

  1. 事故防止(事前確認/復旧)

§4キャリブレーション(校正)管理のポイント

  • キャリブレーション作業の仕様
    対象計器/校正点/判定基準/作業方法(手順書)
  • 手順書に記載する項目
  • 判定基準の求め方

第2部 ドキュメントの実例と実践ケーススタディ

§1ドキュメントの実例

  • 校正成績書
  • 校正証明書
  • トレーサビリティ体系図
  • 標準器の成績書

§2ケーススタディ

  • ケーススタディ1 精度の関係
  • ケーススタディ2 測定範囲の関係
  • ケーススタディ3 日付の関係
  • ケーススタディは個別作業後、講師の解答例で理解を深めます

第3部 市場動向

質疑応答

申し込み要領

開催要領

日時
2024年(令和6年)3月19日(火)
午前の部 10:00~12:30 / 午後の部 14:00~16:30
受講料
無料
講師
エヌケイエス株式会社
瀬戸内事業所   営業チーム 奥村 隆良
関西支店     営業チーム 久川 隼人
西日本エリア担当       森  正孝
会場
[大阪府・大阪市] 新大阪ブリックビル(3F/A+B会議室)

開催中止時の連絡方法について

お申し込みフォーム

ご希望の時間帯必須
午前の部 10:00~12:30
午後の部 14:00~16:30
メールアドレス必須
お名前必須
会社名必須
部署名
郵便番号必須
ご住所必須
電話番号必須
キャリブレーション・バリデーションに関して解決したい事(後日、担当者よりご連絡いたします)
その他

よろしければ「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
この「確認画面へ」ボタンをクリックした時点では何も情報は送信されません。

本サイトでのお客様の個人情報はSSLにより保護しております。