バリデーション関連業務のエヌケイエス株式会社

当社は、ISO9001に準じた運用システム(QMS)で
バリデーション(適格性評価)のサービスを専門に提供しています。

バリデーションに関する相談窓口
電話でのお問い合わせ 052-522-2184
メール送信フォームからお問い合わせ

バリデーションTOP > サービス > 適格性評価業務(IQ・OQ・PQ) > 温湿度槽 > 恒温恒湿室

恒温恒湿室 設備の適格性評価(IQ・OQ・PQ)・校正 評価/測定項目と対応範囲

恒温恒湿室内の空気を空気調整室に吸い込み
加湿器で湿度を与えた後
冷却・除湿器及び加熱器で設定温湿度にして
ファンにて恒温恒湿室内に吹き出す

測定項目と対応範囲

温度 -50~350℃
湿度 10~80%rh

使用測定器の精度例

温度 0~50℃:±0.3℃~
湿度 ±1.5%rh

評価項目

平均値・瞬時値・最高値・最低値・制御精度
分布・変動・変動幅・勾配・空間偏差

評価が求められる理由

機種や使われ方により、制御系の特性があります

恒温恒湿室は、室内のどの場所でも同じ温湿度でない
恒温恒湿室の温湿度は、一定でない
物を入れたとき熱の伝わり方は様々
付属の温湿度計の指示値が一定でも中の温湿度は違う

制御系の特性は、劣化、フォールト(故障)状態などにより変化しています

恒温恒湿室に関連したNKSオリジナルの情報

関連メルマガ 温度試験槽の検証での盲点とは?
実験データ 気相での温度センサの熱応答速度(時定数)

当社のHPで実験などを交えた情報として閲覧可能です。是非ご覧ください