バリデーション@エヌケイエス株式会社 NKS

NKSバリデーション関連業務のエヌケイエス株式会社

ISO9001に準じた運用システム(QMS)でバリデーション(適格性評価)のサービスを専門にご提供

バリデーションに関する相談窓口
電話でのお問い合わせ
052-522-2184
メール送信フォームからお問い合わせ

メールマガジン臨時号 多くの受講者の方の顔付きが変わった!

 先日、某社のセミナーの講師を依頼され、講師を務めてきました。
 今までの私のセミナーは、規格を前面に出した説明で、受講者の方も
 規格を読んで、具体的に何をしろと書いてないから、規格をことを
 ふりかざされて、よわりながら、次へ進んでおられたと思われます。
 今回は「規格には何も書いていない」というところからスタートしたことで
 受講者の方は、自分の感じていたことがおかしくなかった。正しかった。
 じゃどうするんだ、というところが、賛同が得られた理由だと思います
 そこで、この臨時号では、このセミナーで賛同して頂いた受講者の声を
 ご紹介しようと考えました。
【本 文】
 ——————————————————————
  ~ 思った通り! 規格には具体的には何も書いてないんだ ~
 ——————————————————————
 >> 規格には、バリデーション作業として、何をどの様にやったらよいか
   具体的には書いてありません。
  このことには、
   多くの人が「やっぱりそうなんだ・・・」と安心されたと思います。
 ● しかし、そのため、自分たちが立証方法のスタイルをキチッと根拠を
   もって確立しなければならないことに気付かれました。 
 ——————————————————————
  ~こんな方法があるんだ!~
 ——————————————————————
 >> バリデーション作業を根拠から立証するスタイル(方法論)を
   詳しく説明しました。
  フィールドで、根拠あるバリデーション作業を行える
  「こんな方法があったんだ」と思って頂けたようです。
 ● このことは、話が大きすぎず、小さすぎず。
   自分の領域にキチッと足を置いているから信頼がおけると
   受け取って頂けたと思います。
 ——————————————————————
  ~この資料は、現場で使えそうだ!~
 ——————————————————————
 >> バリデーション作業を進める基本的な考え方や現場で使っている
   資料を使った生身の内容が、皆様のメリットになったと思われます。
  生身の資料とは
  ・根拠を導き出す「機能関連図」
  ・バリデーション作業を決める装置・機器毎の
    「個別バリデーション仕様書」
  ・作業の基になる「バリデーション実施計画書」
  ・結果を纏めた「バリデーション実施結果報告書」・・・等々
 ● 賛同して頂けたことで、当社の仕事のすすめ方・考え方に、改めて
   確信が持てました。
 ——————————————————————
  同じ内容のセミナーを【7/2 名古屋】で開催します。
 ——————————————————————
 >> 業務に活えそうなセミナー情報です。
  試験室に使用する装置・機器のバリデーションの考え方と進め方の
  一日セミナー受付中です。
  ▼セミナーの詳細は、こちらからご覧頂けます。
     http://www.validation-wa-nks.jp/v_seminar/
▼この一日セミナーは、こちらから申し込みできます。
     https://www.validation-wa-nks.jp/nks-seminar/form.php
  >>> 皆様のご参加をお待ちしております。