バリデーション関連業務のエヌケイエス株式会社

当社は、ISO9001に準じた運用システム(QMS)で
バリデーション(適格性評価)のサービスを専門に提供しています。

バリデーションに関する相談窓口
電話でのお問い合わせ 052-522-2184
メール送信フォームからお問い合わせ

バリデーションTOP > 技術情報 > 未分類 > 第442号 医療機器製造用設備・装置のバリデーション実施計画書作成のお手伝いをします >

第442号 医療機器製造用設備・装置のバリデーション実施計画書作成のお手伝いをします

医療機器製造用設備・装置のバリデーション実施計画書作成は難しい

> 医療機器の製造においても医薬品製造のGMPと同様に、バリデーションを行う際には、その実施計画書作成することを求めています

実際、医療機器製造に関する規格には、バリデーション実施計画書作成に関してどのように要求されているか

ISOのセクター規格の「ISO13485」と医療機器製造の指針になっている「GHTF」の要求事項をまとめてみました。

  Picture 25

少し省略した部分もありますが、上記のまとめから、プロセス・人員の資格・データの分析等と広範囲の内容を要求していることがわかります。

■ しかし、あれもこれも、ひとつの実施計画書に盛るよりも、「全体的なバリデーションの方針」「個々の設備・装置のバリデーションの計画」に分けて作成するのが良いと考えます。

※ ここでは、個々の設備・装置のバリデーション実施計画書に注目してご紹介します。

規格(ISO13485、GHTF)はどんな実施計画書をつくったら良いと要求しているのか

> 先に、計画書ではどんなことを盛り込んだらよいか、どんな感じのものかを実感してもらうために、当社が独自に作成した計画書の名称とそれぞれの目的をご紹介します。

  Picture 26

個々の書類の名称は、出来る限り、目的が分かるように、当社が独自に決めたものです。

※この計画書の内容で規格要求を満足できているのかを確認してみます。

当社の実施計画書は医療機器製造でのバリデーションにも使用できる

> 当社の実施計画書の内容で規格要求を満足できているのかを確認してみると

例えば、GHTFでは、
バリデーションの要求が、どのように当社推奨のバリデーション実施計画書のどこに盛り込まれているかを対比します。

  Picture 27

※ このように、GHTF規格の要求は当社の実施計画書に含まれていますので、規格の要求を満足していると言えます。

従って、当社の実施計画書が医療機器製造のバリデーションに必要な実施計画書として使用できることになると考えます。

バリデーション実施計画書を作成したいという会社さんのお手伝いをします

> 当社では、医薬品製造等でのGMP(バリデーション基準)に対応したバリデーションに注力してきましたので医療機器メーカさんでの実績が多くありません。

■ 規格がバリデーションを要求している設備・装置のバリデーション実施計画書の作成要望をお持ちの会社さんを探しています。

《規格がバリデーションを要求しているプロセス》
殺菌プロセス
クリーンルーム
無菌注入プロセス
殺菌プロセス
クリーンルーム
無菌注入プロセス
クリーンルーム
無菌注入プロセス

■ これらの設備・装置の製造メーカさんでバリデーションを必要とされる会社さんを探しています。
よろしくお願いいたします。

※ 当社は、フィールドでバリデーションを実施する立場から、規格の要求内容や定義を具体化(具現化)して、お客様に満足して頂ける作業をお届けする努力を続けています。

PRぽくなってしまいましたが、最後まで、お読みいただき有難うございました。