バリデーション関連業務のエヌケイエス株式会社

当社は、ISO9001に準じた運用システム(QMS)で
バリデーション(適格性評価)のサービスを専門に提供しています。

バリデーションに関する相談窓口
電話でのお問い合わせ 052-522-2184
メール送信フォームからお問い合わせ

バリデーションTOP > 技術情報 > オートクレーブ > 第382号 金属の塊にみえる温度データロガー、温度の変化に追従する?? >

第382号 金属の塊にみえる温度データロガー、温度の変化に追従する??

最近の薬品や食品等の製造に関わる専門誌には、医薬品の適正流通基準(GDP)厳格化の影響からか、温度測定に使用するワイヤレス(無線)タイプの「温度データロガー」の紹介ページを多く見かけるようになったと感じています。

「温度データロガー」の中でも、高圧・高温になる高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)に使用できるモノなどは、耐熱・耐圧・防水などのためか、見た目が金属の塊に見え、今までの経験から、温度の変化への追従が緩慢になりそうなイメージがありました。

そこで今回は、「実際の温度変化」に対して、当社の保有する「耐熱・耐圧の温度データロガー」が反応する様子:『熱応答性』を測定しましたのでご紹介します。

対象の温度データロガーは、小型ながら500円玉で7枚分の重さ

温度データロガー:当社が実際に使用しているものです。
 型式 SD-140 (耐熱:140℃、耐圧:10bar、防水:IP68(完全防水))
 サイズ 下部円筒部φ38×高さ18mm、センサ部φ4×50mm
 質量 84g
HP38210

※ 今回の実験では、上記の温度データロガーと温度センサ(3.2Φ)の液中の熱応答性(時定数)を比べてみました。
HP38211

意外!温度データロガーの方が熱応答性が良い(時定数が短い)

液中の時定数(90%の温度変化)を調べました。

[実験の概要]
1.温度データロガーと、温度センサ(3.2Φ)を15℃→100℃の恒温水槽に移す。
2.収集したその間の温度データから時定数を求める。
  今回の時定数は90%です。
  15℃→100℃の変化なので、「15℃→91.5℃」に要する時間になります。

[測定システムの概要]:液中
HP38230


[測定結果とグラフ]
■グラフ(温度の推移)
HP38250

■測定結果(液中 90%応答の時間)
HP38255

□ 今回の実験の結果としては
 温度データロガーの時定数の方が、
 温度センサ(3.2Φ)より短時間(約1/3)になった。

今までの経験から、金属の塊にみえる温度データロガーは相当に時定数が長くなると思っていましたが、このデータだけでみると、意外と短かく、温度変化に追従したことにはチョット驚きました。

※ 但し、上記の実験は、あくまで一例で、種々の条件により計測値は異なります。

温度データロガーを使用する時も応答性(時定数)を気にする必要がある!

今回の実験では、金属の塊みたいな温度データロガーの時定数が短くてビックリしましたが、機器の大きさや形状などがマチマチのため、熱応答性(時定数)の良し悪しも様々と考えられます。

⇒ 従って、
  使用する温度データロガー毎に熱応答性(時定数)を確認して
  現場・作業にマッチするかどうかなどを検討する必要があると考えます。

『気中』の熱応答性も気になってきました

次回は、今回と同じ測定器を対象に、気中の時定数を測定してみたいと考えます。
金属の塊のような温度データロガーは、今までの経験のように熱応答性が悪くなるのか。
今回の実験と同じような結果になるのか。気になりました。→測定してみました。

※ 当社は、
 この様な実験の方法や測定データ等のノウハウで、どんな環境においても、
 お客様に満足して頂ける作業をお届けする努力を続けています。

最後まで、お読みいただき有難うございました。