バリデーション関連業務のエヌケイエス株式会社

当社は、ISO9001に準じた運用システム(QMS)で
バリデーション(適格性評価)のサービスを専門に提供しています。

バリデーションに関する相談窓口
電話でのお問い合わせ 052-522-2184
メール送信フォームからお問い合わせ

バリデーションTOP > 技術情報 > 未分類 > HP162 ハンディタイプ包装機の(熱)風の吹き出し方を調べてみました >

HP162 ハンディタイプ包装機の(熱)風の吹き出し方を調べてみました

概要

□ 問い合わせの多い包装機の中から、薄いフィルムを加熱収縮させ、製品を包装する
  際に使われる、ハンディタイプのシュリンク包装機の(熱)風の吹き出し方を、調べて
  みる事にしました。
  今回は、噴出し口の形状により風速に違いがあるのか、確認してみます。
 1. 確認対象
  □使用した機器
  ・ドライヤー (定格風量:1.2m3/min)
   噴出し口は、①楕円(W 18×H 65mm)、②円形(φ48mm) の2種。
   (今回は入手しやすい一般のヘアドライヤーを使用して実験しました。)
  □使用した標準器 
   風速計 (日本カノマックス社製 型式:6531)
   ・・・測定範囲 0.1~30.0m/sec 
      精度    ±(3%of rdg+0.1)m/sec
  
 2. 測定の方法
 ①ドライヤー、風速計の電源を投入する。
 ②ドライヤーで送風を行い、噴出し口の上部・中部・下部の3点の風速を測定する。
 ③風速はドライヤーの噴出し口から0~80cmまで、10cmおきに行う。
 ④ドライヤー先端部の楕円吹き出し口を取り外し(噴出し口が円形となる)、
   ②③同様に風速を測定する。
 □測定した温度(恒温槽の設定値)
  噴出し口からの距離 10-80cm
  各位置において、3点で風速を測定(上部、中部、下部)
  ■測定のイメージ(楕円と円形の噴出し口)
HP16210.jpg
  ■測定のイメージ(風速の測定位置)
HP16211.jpg
3.測定の結果
各距離で測定した結果は以下のようになりました。
■楕円の噴出し口の場合の結果
HP16250.jpg
■円形の噴出し口の場合の結果
HP16255.jpg
上表をグラフにすると、以下のようになります。
■楕円の噴出し口の場合のグラフ
HP16251.jpg
■円形の噴出し口の場合のグラフ
HP16256.jpg
□今回テストしたドライヤーでは、楕円の噴出し口を付けている方が
 付けていない(円形)場合より風速のばらつきが少ない結果となりました。
▼このページの「メルマガ記事」はこちら
 メールマガジン 第201号 ハンディタイプのシュリンク包装機の(熱)風の吹き出し方を調べてみました